木酢液について

木酢液とは?

木酢液(もくさくえき) は、備長炭を作る過程で出てくる煙を冷却し抽出した酸性の液体です。 備長炭のミネラルが豊富に含まれています。

原料

紀州みなべで育まれたウバメガシとアラカシから作られます。

どうやって作られるの?

炭を焼くときに煙をパイプに集めて冷やし、発生したガス成分と水蒸気を集めます。 この液体が木酢液です。 液中には様々な有用成分が含まれております。

木酢液の働き

  • ・植物が活性化され、土壌改良の働きがあります。
  • ・害虫が寄り付かなくなります。
  • ・トイレや生ごみ、ペットの匂いを消臭する働きがあります。

木酢液の活用法

以下の分量を目安に水で薄めてお使いください。
 

土壌散布:約500倍
葉面散布:約500培以上
害虫防除:約50倍
 

植物や土の種類によっては、ご利用いただけない場合がありますので、
園芸店等にてお確かめください。
はじめは、希釈目安より薄めてお試しになることをおすすめします。


Topに戻る