ストーリー

掌チャコールフェイスタオル・ハンカチタオルの原料

掌チャコールフェイスタオル・ハンカチタオルの原料

オーガニックコットンとは農薬や化学肥料が残留していない畑で、有機農法で栽培されたコットンです。
糸から製品になる工程も、できるだけ化学薬品を使わない方法でつくられた、人と環境にやさしい安全な素材です。

オーガニックコットンができるまで

  • ①種
    遺伝子組み換えの種子の使用を禁止しています。

    ②土壌
    禁止された農薬を一切使用せず、牛糞やたい肥などの 有機肥料を使用した土壌づくりをしています。
  • ③生育中
    耕耘機によって雑草の増殖を防ぎ、てんとう虫などの 益虫を増やすことで害虫を駆除します。

    ④収穫
    落葉剤を使用せずに、給水を絶ち霜によって葉が枯れる のを待ってから収穫します。

掌ではオーガニックコットンの中でも、より良質なものを選び、贅沢に商品に使用しています。 ここでは、フェイスタオルなどに使用しているインド産の長綿オーガニックコットン(バニー種)についてご紹介いたします。

掌チャコールフェイスタオル・ハンカチタオルの原料

バニー種は、古来より良質な綿花栽培地として栄えてきた、インドのデカン高原北部オランガバード市にあるエコファームで育てられました。完熟した綿花を手摘で収穫するので、ふっくらとやわらかい繊維が特徴です。

  • 綿の花
    ほとんどの種類の綿の花は、咲き始めから、色が白→黄色→ピンクに変化していきます。
  • 綿花
    有機栽培されたコットン。綿花がひらいて、白い綿がふわふわ見えます。
  • 収穫
    このエコファームでは、収穫方法にもこだわっています。通常は綿収穫機など機械で行われることが多いのですが、ここでは完熟した綿花を手摘みにしています。
  • 綿が山積みの倉庫の中
    収穫した綿花です。
  • 綿の中の種を取り出す
    収穫した綿花を機械にかけ、綿花の中にある種を取り出します。

ページトップへ